KT0014

【刀】薩陽士元平 天明二年寅二月 (委託品)【Katana】Satsuyoushi Motohira Tenmei 2nd year Tora Nigatsu (consignment item)

KT0014
時代 Era
ランク Rank
在庫状態 : 在庫有り
¥1,000,000(税別)
数量
  • 商品詳細
日本語ENGLISH

登録場所 東京都 第263468号 交付年月日 平成5年3月16日
刃長 69.8cm 反り 0.7cm
目釘穴 1個 元幅 2.43cm
先幅 1.36cm 重ね 0.8cm
刃紋  錵出来刃区より直刃基調に小互の目乱れが混じり
その先匂口の深い互の目乱れとなり匂口深く砂流に金筋が入る。
帽子は乱れこんで小丸に返る。
地鉄  小板目肌の杢目が混じり地錵が良く付き
細かな地景が入り黒味のある精良な地金となる。
体配  身幅広め重ね厚く切先の延びた体配の良い姿

刀剣詳細

「元平」は、「伯耆守正幸」と並んで薩摩新々刀を代表する名工として著名であり、寛政元年(1789年)に「正幸」と時を同じくして、大和守を受領しています。作刀は明和年間(1764年~1771年)より見られ、初め「薩陽士元平」或いは「薩藩臣奥元平」などと銘し、寛政元年受領後は、「奥大和守朝臣元平」と銘するものが多いです。鍛冶としての腕はすばらしく、「元平」を訪ねた「橘南谿」が「元平」を、「世上に名高し」と評しているとおり大阪の「岡野新次郎」という刀屋からも注文があったといわれています。また、沢山の刀匠を育てていて「備前祐平」や「角元興」などの当時の名匠もわざわざ薩摩へ出向いて門人となっていました。
私見ではありますが、「元平」の作風は相州伝を得意としていた、元平の激しい出来とはやや異なり、穏やかな中に砂流、金筋が働くなど古作の「志津」を思わせる品格のある刃紋は錵出来刃区より直刃基調に小互の目乱れが混じり、その先匂口の深い互の目乱れとなっており、地鉄は小板目肌の杢目が混じり地錵が良く付き、細かな地景が入り精良な地金となっており、身幅広く重ね厚い切先の延びた体配の良い姿で、「元平」の作品の中でも良品のひとつであると思われます。こ
の機会に是非ご来店いただいて、手に取ってご覧になっていただきたい一振りです。

*刀剣類の展示につきましては、随時入れ替えを行なっていますので、

お出しするのに多少のお時間を頂く場合がございます。

ご来店の際は事前にご連絡いただきたいと存じます。

体配

押型

切先

刃紋

 

鑑定書

登録証

白鞘

Place of registration Tokyo 263468 Date of issuance March 16, 1993
Blade length 69.8cm Curve 0.7cm
Mekugi hole 1 Curve 2.43cm
Sakihaba 1.36cm Kasane 0.8cm
Hamon The water pattern from the beginning of the cutting edge to the straight temperline has a mixture of a small wavelike hamon. Past the nioiguchi there is a deep wavelike hamon and enters the sunagashi and small kinsuji work. The boushi has an irregular waveline turns into round shapes. 
Jigane The burl wood grain pattern mixes with the koitame-hada allowing the jigane to show a blackish landscape.
Shape The mihaba is wide, the kasane is thick and the kissaki has a fine long shape. 

Katana description 

Motohira was a known swordsmith alongside with “Houki no kami Taira Ason Masayuki” during the Satsuma Shinshintou period. It was also during this time in 1789, where he and Masayuki received the name of “Yamato no Kami” (Governor of the Yamato Province). Japanese sword making was frequently seen in the Meiwa era. Initially the katanas were inscribed as “Satsuyoushi Motohira” or “Satsuma Shin Oku Motohira” but after the Kansei era, it was often inscribed as “Oku Yamato no Kami Ason Motohira”. He was a very talented and renowned blacksmith who even gained recognition from Nankei Nachibana. It is rumored Motohira had once received an order from a swordsmith in Osaka by the name of Shinjiro Okano. Many swordsmiths visited him to learn his techniques. Some of the pupils were Bizen Sukehira & Sumi Motooki who came all the way to Satsuma. In my opinion, Motohira seemed to be good with Soshuden style and out of the popular Satsuma katanas, this particular piece shows just that. Please take this opportunity to own this amazing katana.

Shape

Oshigata

Nakago

Kissaki

Hamon

Hozon paper

Registration certificate

Shirasaya

KT0014

【刀】薩陽士元平 天明二年寅二月 (委託品)【Katana】Satsuyoushi Motohira Tenmei 2nd year Tora Nigatsu (consignment item)

KT0014
時代 Era
ランク Rank
在庫状態 : 在庫有り
¥1,000,000(税別)
数量