KT0016

【刀】横山加賀介藤原朝臣祐永 菊一備陽長船士(二代)【Katana】Yokoyama Kaganosuke Fujiwara Ason Sukenaga Kikuichibyou Osafuneshi

KT0016
時代 Era
ランク Rank
在庫状態 : 在庫有り
¥1,150,000(税別)
数量
  • 商品詳細
日本語ENGLISH

登録場所 山口県 第1454号 交付年月日 昭和26年5月15日
刃長 69.5cm 反り 2.4cm
目釘穴 1個 元幅 2.45cm
先幅 1.45cm 重ね 0.7cm
刃紋 上半は直刃基調にて、下半乱れ調の腰元に富士を焼き、帽子小丸に返る。祐永丁子と称される華やかな匂出来の丁子乱れに足よく入る。
地鉄 小板目肌がよく詰んだ精美な鍛え
体配 鎬造、庵棟、表裏に棒樋を掘り,反り浅めの見栄えの良い作品

刀剣詳細

「横山加賀介藤原朝臣祐永」は「祐平」の次男であったが父の跡を継ぎ、数多くの刀工を指導し養成した。
「横山祐包」、「祐高」、「祐芳」、「祐利」等が特に有名である。
初代の「祐永」は「友成五十六代孫」と号して、嘉永4年(1851年)に57歳で没しています。弘化3年(1845年)頃は、初代が亡くなって二代祐永が活躍していましたので、本作は二代祐永の作と思われ、二代:祐永の初期作にあたるものではないかと考えられます。
備前国長船の故地には、新刀期より横山一派が栄え、連錦を飾り新々刀期を経て明治の廃刀令まで続く。

本作は、刃区より直刃出来の山の麓を表し、その先に富士山の形態を描いて、更に広がる海を表し、上部には空に浮かぶ雲を映りで表したと考えられ、その上は中程まで横山一派が得意とする茶花丁子乱れを焼き、その上は一転して静謐な趣きある直刃を焼いている。上半・下半で直刃と乱刃を焼くのは、古刀期には、「備前祐定」、「伊勢村正」、「関兼房」など、新刀期には、「越前康継」、「肥前忠吉」、「三品一派」、「肥後守輝広」、「浜部一派」、そして「備前横山一派」などの派に経眼される。古刀・新刀期を通じても、上半・下半で直刃と乱刃を焼くのは、全て一流の刀工達のみに限られており、それは上下で異なる刃文を焼くには相当の技倆が必要不可欠であったとおもわれる。本作も高度な難しい刃文を一分の乱れもなく見事に焼きあげており、「祐永」の技倆の高さを窺わせる優品でコンディションも良好であるので、是非ご来店いただいて、手に取ってご覧になっていただきたいお薦めの一振りです。

*刀剣類の展示につきましては、随時入れ替えを行なっていますので、

お出しするのに多少のお時間を頂く場合がございます。

ご来店の際は事前にご連絡いただきたいと存じます。

体配

押型

切先

刃紋

 

鑑定書

登録証

白鞘

Place of registration Yamaguchi 1454 Date of issuance May 15, 1951
Blade length 69.5cm Curve 2.4cm
Mekugi hole 1 Motohaba 2.45cm
Sakihaba 1.45cm Kasane 0.7cm
Hamon Very well-made technique showing Sukenaga’s elegant temperline
Jigane Firm look
Shape Good curve with a beautiful shape

Katana description

“Yokoyama Kagonosuke Fujiwara Ason Sukenaga” was “Yuhei’s” second son but instead he followed his father’s footsteps, guiding and training many swordsmiths.
Some of the known ones were “Yokoyama Sukekane”, “Suketaka”, “Sukeyoshi”, “Suketoshi”.
The first generation Sukenaga, pen- named as “Tomonari’s 56th grandchild”, passed away at 57 in the 4th year of the Kaei era (1851).
Around the 3rd year of the Koka era, with the first generation gone, the second generation Sukenaga was active. This piece is believed to be one of the early works of Sukenaga the 2nd. The Yokoyama family prospered during the Shintou era in the land where Bizen Koku Osafune used to live. Their success continued through the Shinshintou era till the end of sword prohibition.
In this piece, the foot of the mountain is represented from the cutting edge to the sword tooth. From this point further, the form of the Fuji Mountain is featured along with a sea. The upper portion is imagined to be a display of a cloud in the sky. From the upper part to the middle, it shows the special pattern of the Yokoyama family, “Chikachoumidare yaki”. On the contrary, they made a straight sword with a peaceful refinement. The distinct swerving line down the center of the blade was common in the Kotou era by “Bizen Sukesada”, “Ise Muramasa”, “Seki Kanefusa” and “Echizen Yasutsugu”, “Echizen Tadayoshi”, “Sanpin faction”, “Higo no Kami Teruhiro”, “Hamabe faction” and the “Bizen Yokoyama faction” from the Shintou era. It was only limited to the first class swordsmiths to make the curvy line in the upper and lower part of the blade through the Kotou and Shintou era. This heating technique was believed to be an essential skill when showing the hamon’s difference in the upper and lower section. It has a complete heating of the difficult temperline showing Sukenaga’s professional skills and the potential of a promising masterpiece. Please come and see this recommended katana.

Shape

Oshigata

Nakago

Kissaki

Hamon

Hozon paper

Registration certificate

Shirasaya


KT0016

【刀】横山加賀介藤原朝臣祐永 菊一備陽長船士(二代)【Katana】Yokoyama Kaganosuke Fujiwara Ason Sukenaga Kikuichibyou Osafuneshi

KT0016
時代 Era
ランク Rank
在庫状態 : 在庫有り
¥1,150,000(税別)
数量